にんにく麹(にんにくこうじ)の作り方

にんにく麹(にんにくこうじ)とは、にんにくを米麹(こめこうじ)と塩で発酵させた調味料のことです。

にんにく麹は、にんにくの臭いや刺激を和らげて、栄養価や効能を高めると言われています。また、にんにく麹は、炒め物やスープ、漬物など様々な料理に使える万能調味料です。

ここでは、にんにく麹の作り方や保存方法、食べ方やレシピなどを紹介します。

にんにく 麹

にんにく麹(こうじ)の作り方

(材料)

(道具)

  • フードプロセッサーまたはすりおろし器
  • ジッパー付き保存袋
  • 清潔な瓶

(作り方)

1.にんにくの皮をむき、フードプロセッサーまたはすりおろし器で細かくする。

2.ジッパー付き保存袋に米麹と塩を入れてよく混ぜる。

3.1のにんにくと水を加えてよく混ぜる。

4.袋の空気を抜いて口を閉じる。

5.陽の当たらない場所で室温で一晩寝かせる。

6.清潔な瓶に移して冷蔵庫で保存する。

以上で、にんにく麹の完成です。
保存は冷蔵庫で2〜3週間可能です。

にんにく麹(こうじ)を作る際の注意事項

※ヨーグルトメーカーを使って発酵させる方法もあります。
その場合は、60℃で6時間保温するだけでOKです。

※時々、にんにくが青緑色に変色することがありますが、問題ありません。
これは、にんにくの成分が鉄分と反応して起こる現象で、品質や味に影響しません。

※塩分濃度は10%程度が適当です。
塩分が少なすぎるとカビが生えやすくなりますし、塩分が多すぎると発酵が進みません。

※米麹は生麹でも乾燥麹でもどちらでもOKです。
生麹の場合は常温で戻してから使ってください。

※水はミネラルウォーターまたは沸かして冷ました水を使ってください。
水道水は塩素が含まれているため、発酵を妨げる可能性があります。

※フードプロセッサーまたはすりおろし器で細かくしたにんにくは、水と一緒にブレンダーで混ぜてもOKです。

※ジッパー付き保存袋ではなく、容器やビンを使ってもOKです。
その場合は、蓋をしないでラップをかけてください。

※室温で発酵させる場合は、季節や気温によって発酵時間が変わります。
冬場は長め、夏場は短めに調整してください。

にんにく麹(こうじ)の保存方法

にんにく麹(こうじ)は、冷蔵庫で保存するのがベスト。

冷蔵庫であれば、2〜3週間は持ちます。

ただし、保存中も発酵は続いているので、味や香りが変わることがあります。
その場合は、塩分や水分を調整してください。

冷凍保存も可能です。
冷凍すると発酵が止まりますので、長期保存に便利です。

冷凍する場合は、小分けにしてラップやジップロックに入れ、解凍するときは、自然解凍またはレンジで少し温めてください。

にんにく麹の健康効果

スタミナ食としてもおなじみのにんにく。

にんにくにはもともとアリシンとスコルジニン、ニンニクレクチンなど薬効作用が期待できる成分が含まれています。
アリシンはにんにくの辛味成分の硫化アリルの一種で、末梢の血管を拡張させる働きをもちます。

またビタミンB1の吸収を高める働きもあり、疲労回復や滋養強壮などをサポートしてくれます。
ビタミンB1は麹菌(こうじきん)に豊富な栄養素なので、にんにく麹として摂取するととても効率的です。

さらにダイエットにもよい成分を含有しています。

スコルジニンという無臭の成分が、消化促進作用、新陳代謝促進、脂肪の蓄積予防、コレステロール値を低下させる働きがあります。

また、ニンニクレクチンという成分は、腸内の免疫を活性化し、腸内環境を整え、腸内の免疫を活性化することで、免疫力をアップさせます。

にんにくのパワーを高めたにんにく麹(こうじ)は風邪予防や疲労回復、抗酸化作用によるアンチエイジングなどが期待できます。

にんにく麹は、毎日大さじ1杯(15g)を目安に食べるのがオススメ。

簡単に作ることができて、いつもの料理がぐっと美味しくなる調味料です。
疲労回復やスタミナアップなどの効果も期待できますので、ぜひ試してみてください。

商品紹介

米糀(国産米使用)1kg

販売価格:¥1,599(税込)

近畿圏産のお米で作った米糀です。
グラム単位からも販売可能です。
お気軽にご相談ください。

てづくり米糀 冷凍糀

てづくり米糀<冷凍糀> 400g

販売価格:¥756(税込)

ご使用上の注意
●冷蔵庫にて自然解凍し、2~3日中にご使用ください。
●再冷凍はしないでください。
★長期保存可能<賞味期限は6ヶ月です>

泉州むらさき 150ml

販売価格:¥486(税込)

濃厚な再仕込み醤油で芳醇な香りと上品な甘みが特徴です。
お刺身・海鮮丼などに最適です。

糀(はな)しょうゆ 150ml

販売価格:¥648(税込)

こだわりの生醤油に昔ながらの製法で作った米こうじを加え熟成させました。
糀が醸し出すうまみとまろやかな甘みをご賞味下さい。

新着情報

ヨーグルトメーカーで作る!玉ねぎ麹

玉ねぎ麹は、玉ねぎの甘みと、麹の旨味でコンソメのような豊かな味が魅力な今話題の万能調味料。 スープやドレッシング、マヨネーズなどの基本的な調味料としてつかうことができるのでとっても便利。 また、肉や魚を漬け込むことで柔ら […]

塩麹パワーで疲労回復!

昼間の気温が30℃近くまで上がる日が増えてきて、まもなく梅雨入りのシーズン。湿度が高くて蒸し暑く、体力を消耗し、体調を崩してしまう人も多いのではないでしょうか。 そんなときにおすすめするのが塩麹です。 塩麹には免疫力アッ […]

シーズン到来!花粉症と麹の意外な関係

厳しい寒さがようやく和らいだと思ったらやってくる花粉症シーズン。 目や喉の痒み、くしゃみや鼻づまりなど、つらい症状を抱えている方も多いのではないでしょうか。 今回は、そんなつらい花粉症と麹がもつパワーの意外な関係について […]

寒い日にもってこい♪塩麹をつかったお鍋レシピ

シンプルでおいしくてヘルシーな塩麹。 お野菜もお肉も、塩麹をつかって調理するだけで素材のうまみがぐっと引き立ちます。 寒い冬にぴったりのお鍋も塩麹を使えば簡単♪ コクとうまみがつまったあったかレシピをご紹介します。 塩麹 […]

ハマる人続出!海外での味噌人気のワケ

現在、世界各地では日本食レストランが急増し、日本食が健康的で理想的な食生活スタイルであるとして注目が集まっています。 そう、今まさに世界では「日本食ブーム」。 今回はその「日本食ブーム」と、日本食の基本でもある「味噌」に […]

なんでも使える腸活調味料「玉ねぎ麹」でキレイになる!

いろいろな料理に使えて便利な玉ねぎ麹(こうじ)。 でもそれだけではないんです。 腸内環境、肌荒れの改善、疲労回復、むくみ解消などにも効果絶大。 玉ねぎ麹は今大注目の万能調味料です。 玉ねぎ麹のダイエット効果 玉ねぎには、 […]