糀をつかう料理教室

「ごはんが主役の自分で選ぶ自然派スタイル」を提唱する 料理研究家 おくのひろみ先生による糀をつかったお料理教室です。

人は自然の一部という陰陽五行の考えをベースに、ごはん、お味噌汁、お漬物を食の中心軸に、季節の野菜を五感で感じる調理法を提案します。

毎月変わるメニューは、体にやさしく、糀の使い方や新しい魅力がいっぱいの魅力あるメニューばかり。
少人数にて開催のため、すぐに満席になる人気の教室です。

早めにご予約いただくことをおススメします。

講師紹介

おくのひろみ
ごはんが主役の料理研究家

2003年より家庭料理を学び、アシスタント経験、製菓衛生士、調理師免許取得。
2005年より正食協会で本格的にマクロビオティックを学び、料理教室・手前味噌講座をスタート。
正食協会・師範科卒業後、易学・陰陽五行がベースの薬膳料理、養生食をさらに学ぶ。
2010年、地元のケーブルテレビ月刊誌で初代「ごはん道場」のページを一年間担当しレシピを紹介。
2013年全日本薬膳食医情報協会認定 薬膳インストラクター資格取得後、自宅教室では、季節の野菜料理、発酵薬膳料理、食養料理など充実。自宅教室を主宰し15年。

感染対策について

平素より、糀屋 雨風 の「糀をつかう料理教室」にご参加いただき、誠にありがとうございます。

昨年同様、皆様の安全・安心のため新型コロナウイルス感染予防対策や衛生管理を徹底し、皆様のお越しをお待ちしております。

・スタッフの検温・マスク着用・レッスン内でのこまめな手洗い・アルコール消毒の実施
・教室内の十分な換気
・ソーシャルディスタンスの確保
・教室内のアルコール消毒液の設置
・各備品の消毒の徹底